6月30日 京都では・・・ | 京都市周辺の不動産をお探しならハウスメイトネットワーク烏丸御池店 株式会社KTSにお任せ下さい。

京都市の不動産売買なら、株式会社KTSにお任せください
日記
6月30日 京都では・・・

京都では毎年6月30日に「水無月」を食べる風習があります。

「水無月」は外郎(ういろう)の上に小豆が乗っている三角形の和菓子です。

毎年6月30日には母が水無月を買ってきて、子供の頃から当然のように食べてきましたが、

これが京都だけの風習だとは最近まで知りませんでした。

ではどうして6月30日に水無月を食べるのでしょうか・・・

ネットで調べてみると、昔6月1日(旧暦)に水を口にすると夏バテしないと言われていたので、

室町時代の宮中では氷の節句行事として氷を取寄せて暑気払いをしていたそうです。

しかし庶民には氷は手に入れることが出来ない貴重なものだったため、氷に似せて作った

「水無月」を食べて京都の猛暑を乗り切ってきたのだとか・・・

6月30日は1年の前半が終わる日で、昔から半年間の悪い行いや身の汚れを払い、後半の

半年を無事に過ごせるように祈願する「夏越祓(なごしのはらえ)」または「水無月の祓い」

という行事が行われており、京都ではこの日に暑気払いの意味がある「水無月」を食べて

無病息災を祈願してきたのです。

毎年由来も知らずに食べてきましたが、今年からは願掛けをして「水無月」を食べて

京都の激暑を乗り切ろうと思います。

投稿日:2018/06/30   投稿者:-
会員限定物件が見れる!
新着物件情報をいち早くゲット!
お得な情報はこちらから!
会員登録
現在の売買物件数
一般
公開物件
0
3
2
7
会員
公開物件
0
4
1
7